どうする?私の年収

女性の年収が低い理由や、年収アップの方法などをまとめました☆

生活環境を考えて収入を増やそう

お金で幸せは買えないと言いますが、年収が多い方が生活での選択肢は増えます。
そのため安定して良い収入が得られる企業に入社したいと言う新入社員は多いですが、女性の場合就職先を選ぶ時に大切な事は年収だけでは無いです。
女性は育児、介護など家庭の事情で職を離れる可能性があるので、育休、介護手当があるか否かで生涯賃金は大きく変わります。
よって就職先を決める時は収入だけでは無く、女性社員が長く働ける制度があるか否かも大切なポイントなのです。
また既婚、独身、子持ちなど生活環境によっても、必要となる収入は違ってきます。
例えばシングルマザーの場合、自分が世帯主として子供を育てるので収入は多い方が良いですよね。
また、独身女性も現在の生活費に加え老後の費用を考えると、収入は多いに越した事は無いでしょう。
その一方で既婚女性の場合、収入が多いと手取りが減る可能性があります。なぜなら既婚女性で配偶者の扶養に入っている人は、年収130万円を超えると自分で保険を払う必要が出てくるからです。
つまり130万円と140万円稼いだ時の手取りは変わらないどころか、妻の扶養が抜けた分配偶者の税金が増えて、世帯収入の手取りがマイナスになる可能性があるのです。
また子供手当、高額医療制度には上限があるので、夫婦共に稼いで収入が増えるとこうした手当が貰えなくなる事もあります。
こうした事から女性が働く時は世帯収入を計算して、税金、手当面で損をしないかを考慮する事が大切でしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です