どうする?私の年収

女性の年収が低い理由や、年収アップの方法などをまとめました☆

働く女性における年収の現状とは

昔に比べて専業主婦は減り、その代わり働く女性が増えています。
国内経済の上昇に繋がると成長戦略を通じて提言されていますが、女性の年収の現状は、決して良いとは言えません。
現在の女性の平均年収は、300万円を下回る結果になっています。
雇用形態別にみると、正社員では300万円台で、派遣社員や契約社員になると200~300万円台が最も大きいボリュームゾーンになっています。
500万円台を記録した層は全体の4.3%となっていて、不況は少なからず影響しています。
しかし、年齢を重ねるごとに収入は増えてきているため、収入を考えると、企業に定着することが大切であると考えられます。
一方で、60%以上の女性が、現在の収入には満足していないというデータがあります。
理由には、仕事量に対する収入が見合っていないことや、サービス残業など、労働環境の悪さに不満を持っている方が多くみられます。
中には不況のあおりを受けて残業制限を行っている企業もあり、業務量をこなせず、収入を低下させているといった側面もあるようです。
業界別で見ると、やはり収入の高い業種は専門職となっており、特許事務や法律事務、次いで助産師や保健師が高い収入で推移しています。
また、今後はシステムエンジニアや薬剤師に専門職に強い分野の職種の需要が伸びると予測されているため、年収が高くなると推定されています。
企画職や営業職は今後、業務量の割に収入が伸び悩むのではないかと考えられており、全体的にダウンする事が予測されるため年収アップを狙うなら避けた方が良い職種でしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です